読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軟式球を廃止せよ -「本物」のスラッガーを生むために

大谷 日本最速164キロ!糸井に詰まりながら適時打され2点失う ― スポニチ Sponichi Annex 野球

 また自己最速更新か。すごいなあ大谷。どこまで記録を伸ばすか楽しみ…だが、今シーズンの白眉は何と言っても「投」より「打」だ。というか、個人的には将来的にも「打者・大谷」を見たいと思う。

 

「打者・大谷」の破壊力

2年前の2014年、ベーブルース以来の「10勝&10本塁打」を記録したそのまさに10本目は、度肝を抜くフルスイングからの、バックスクリーンへの一撃だった。

大谷翔平10号本塁打!二刀流は伊達ではない。。。 - YouTube

僕はこれ以来、打者・大谷を毎試合観たい気持ちに駆られ続けてきたが、今シーズン皮肉にもマメによって投手として登板できなかった期間が、「バッター大谷」のとてつもない能力を白日の下に晒してしまった。例外ルールによる首位打者獲得の可能性とか、野手でフル出場したら何本ホームラン打つかとか、いろんなシミュレーションがされた。今年は軽く振ってもあの時のような飛距離が簡単に出ているように見える。メジャーでホームランバッターとして活躍できるかも、と期待感を持てる日本人打者は彼ぐらいではないか。左バッターでありながら、グリーンモンスターを軽々と越えるホームラン…夢がある。

 

U-18、MLBの「惨状」

先ごろ優勝したU-18を見ても、戦力的に投高打低は明らかだった。寺島(履正社)が打者として目立ったのも、野手の人材不足の裏返しだ。MLBも言わずもがな、日本人野手で目立つのは相変わらずイチロー1人の状況。なぜみんな投手をやりたがるのか?なぜ人材が偏るのか?その要因のひとつに、「軟式球」がある、という乱暴な仮説をここに提唱したい。

 

軟式のヒーローは投手

軟式球はインパクトで変形するため、強い打球が打ちにくい。初心者には敷居の高い、動くボールを打つという行為をさらに難しくしている。硬式+金属バットを経験した人なら、「まぐれ」がヒットになる可能性は硬式の方がずっと高いことが分かるだろう。少年野球は極端な投高打低の世界だから、いちばん上手い子が投手をやるのは必然的な流れだ。しかし軟式球のない(むしろ軟式がレアなのだが)アメリカではいちばん上手い子はショートをやりたがるという。この価値観を逆転させるには、投手重視、守り優先となりがちな軟式野球を撤廃し、硬式+金属バットの打高投低野球を標準に据えるしかない。

 

軟式球を廃止し、硬式用球場を無償解放せよ

硬式球を使うとなると、問題となるのは設備と道具だ。狭いニッポン、河川敷の長方形の四隅をフル活用すればABCDの4面確保可能だが、硬式じゃ危なくてそんなことできない。でも大丈夫、少子化と野球人気の長期的低下でそもそもそんなに面数はいらないはず。ここは気前よく、硬式専用球場・ボール・ヘルメット等を無償で貸し出してほしい。資金はNPBと選手で共同基金を設立し拠出する。これで選手は故郷に錦を飾ることができる。その代わり、ボールの紛失は有償とする。これでボールを大切にする習慣も身につけることができる。その上で、カンカンヒットを打つ喜びを味わって欲しい。

 

プレーヤーをリスペクトせよ

それに、軟式撤廃の副次的効果として、「痛さを知る」てのもあると思う。鳴り物入りの応援、酔っ払いの愛のないヤジ。観戦者の民度が低いのは、硬式が「当たったらどれだけ痛いか」知らない、選手がどれだけ危険と紙一重の世界でプレーしているのかを想像できないことも一因だと思う。そんなに好き勝手言うなら、やってみりゃ良いのだ。


大谷翔平のような才能は二度と出てこないかもしれないが、もしまた現れた時には躊躇なく「打者」を選択してくれたら良いなあ。